死にたいということから

  • LINEで送る

訪問マッサージをさせてもらっていると死にたいとおっしゃる方もおられます。

「死にたい」と言われて何を思いますか?!
僕は、最近それはそれでよいと思うようになりました。家族さんから言わせたら、何をと思われるでしょうし、自分の家族であればそうは思えないかもしれません。
しかし、第三者として、家族でない他人だからこそそう思えるような気がするのです。

「死にたい」という願いは必ず叶います。
「生きたい」という願いは最終的には叶いません。

生命を前向きにとるか、後ろ向きにとるかの違いで本質は同じのような気がします。

「死にたいということは、最終的には実現しますからその想いは静かに取っといてください。悪いことではないですし、ただ、今、生きてますからね。いつ起こるかわからないことを思い悩むより、今生きてますから。そこが大事なんですよ」と伝えるとホッとした顔をされます。

生きる事を目的とした医療、世の中では、死ぬこと、死にたいと思うことは悪いこととなっています。
悪いことを思ってしまう自分は悪い人間なんだ。生きたいと思っている人に失礼だ。そんな風に思ってしまうのではないでしょうか。
なぜ比べてしまうのでしょうか。
死にたいと思ってしまったことは仕方ない事だと思うのです。

例えば、目を覚ました時に手足が動かなかったらどう思いますか?!したいことが出来なくなった時にどう思いますか?
大恋愛の末にふられたら…
あと少しで手が届きそうなところにあと一歩で届かなかった…

こんなんだったら…って思ってしまっても仕方がないと思います。

だからと言って、「死にたい」がいいかという話ではありません。
生きたい、死にたい、ではなく、今生きているという場所に立つ事が大事だと思うのです。

今。生きている。

この事実にたつ。

過去できたことを懐かしくなるのではなく、いつか滅びる体のことを思うのではなく。

今。ここが大事だと思うのです。過去に生きるのではなく、未来に生きるのではなく、今を生きる。

美味しいお酒がグラスに半分になったとき、「半分しかない」「半分もある」ではなく、ただ素直に「半分ある」というところにたつ。
そこからゆっくり飲むのか、一気に飲んで楽しむか、友達とわけるのか、決めたらいい。

今を知る。
現状を知る。

そこから始めないといけないと思うのです。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*