前提を崩すということ

  • LINEで送る

何かを考える時、何かをする時、とにかく何かが動く時、前提というものがある。

その前提を元に考え、行動する。

新しい発見も、気づきも、今までにない考え方も実はどこかで教えられた、経験した元があるような気がする。

鉛筆という発明も、木を加工する技術。炭で字を書くという行為があったからで。

 

とにかく前提というものがあるはずである。

新幹線も元には、電車があり、汽車があり、馬車があり、人力車があり、輪があった。丸太があった。

そうやって誰かが発見した、作り上げた何かの元にたっている。

 

今僕が生きているということは、そうやって沢山の人達が作り上げてきたものの上に生きている。

前提を崩すというのは、僕がこうや!と決めて来たこと、思って来たことを崩すということ、壊すということ。

でも実はその前提は、もっと大きな前提に支えられている。

それを壊す事でもっと大きな前提、大前提、支えてくれる大地に気づけるかもしれない。

 

植物の植え替えに似ている。

器いっぱい利用して生長し続けた結果、大きくなれなくなる。

今の器では足りなくなる。

 

その時、もっと大きくなりたいならば器を取り替える必要がある。

前提を変える、新しいものに変えていく必要がある。

それは、今まで支えてくれた器を壊す事、出る事。

でもそれは、幹を大きくたくましくする事。

 

とても怖いけれど、飛び出した時、新しいところへいったとき、また大きく生長できる。

器が小さければ、小さい盆栽のように生長する。

大きくはなれないけれど、美しく細かく生長していける。

それはとても美しく、沢山の人を感動させられるだろう。

大きく生長したければ、器を変えて、土に根を生やす事。

大きな大地が必要である。

それはその人それぞれで。

 

一人一人が与えられた土地を最大限に生かす。

そして、そこで間に合わなければ引越の必要があるかもしれない。

でも大事なのはそこを大切に精一杯生かしている必要がある。

せっかく与えられた土地を生かさないで次の場所へ行っても、使いこなせるとは思えない。

片付けもせずに、片付けられないからと、大きな家に行ってもそれは解決にはならない。

本当にそれでいっぱいいっぱいか。限界か。

それを見極める事。

これ以上やると前提が崩れる。

ならば、前提を変えよう。崩して新しい大きな前提を。

 

生き方信念を変えるということはとても怖い事。

でも、それは大きく生長するためのもの。

しっかりした土台が与えられるということ。

 

大きくならなくてもいい。

小さくても、その人の与えられたものを生かしきれば人は感動する。

より美しく、人に出会えて良かったと思ってもらえるような存在になっていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*