カラダのこと

カラダというのは、その人の「すべて」を表しているように感じます。その人の経験、心、考え、生き方だけではなく、周りの環境すべては自分のカラダに対して影響を与え、カラダに現れています。

例えば・・

  • こころ − 落ち込んだ時は背はまるまり下を向きます。元気なときは背筋が伸びて前を向きます。心の姿はカラダのカタチとして現れます。
  • くせ  − 人がもつそれぞれのくせ、習慣は、日々の暮らし中で必要な部分は動きやすく、使わない部分は硬くなります。
  • たべもの − 今日は何を食べましたか?何が食べたいですか?その食べ物はあなたのカラダの一部になります。

 

もちろんこれら以外にも、いろいろなものがカラダに影響しています。

自分のカラダを知る事は、今の自分を知ること。そして、今後自分の人生を歩むために、とても大事なことだと思います。痛みがとれればそれでよい。そうではなく、その症状をきっかけに、自分自身も含め一人でも多くの人が笑顔で出来る限り心地よくを過ごしていけますように。

アトピーとの出会い

IMG_0945

アトピーというと湿疹が出て痒くなる。そのような病気だと思っていました。事実そうなのですが、自分の思っていたものと実際とは全然違いました。

僕のアトピーとの関わりは、妻との出会いが始まりでした。

続きを読む

家庭円満の秘訣

IMG_1844-0.JPG

『家庭円満の秘訣』
僕は、これを自然と師匠に叩き込まれたような気がします。それは、順番を守るということです。

続きを読む

右肩の痛み

すすき

80代の女性。一人暮らし。

娘さんから電話がありました。「今日退院したのですが、どうにもこうに右肩がうずいて痛いとの事。病院に行くか?と聞いてもいやだとのこと。もし、大丈夫であれば来ていただけますか?」

どうしたものかと、とにかく必要とされているのならと思いお宅に伺いました。

続きを読む